おすすめの外付けブルーレイディスクドライブ

いまだにデータの保管やTV録画の保存、イベント撮影などの動画の保存をDVDでやっていらっしゃる方も多いと思います。
DVDは確かに手軽で安価です、ただ画像の質が上がり、データとして大きくなっている昨今どうせなら1ランクアップさせてお使いのPCでブルーレイで保存してみてはいかがでしょうか?
最近では外付けのBDDにも高性能なものが多く、対応している機器を所持していればTV録画の書き出しなども行えて非常に便利なものとなっております。
またDVDにと比較するとBDは保存できる容量も大きいので、PCのデータ整理にも役立ちます。
DVDは通常容量が4.7GB~8.5GBですが、BDであれば通常25GB~100GBです。最近BDメディアも安価になってきておりますし、豆にDVDにデータを保存すると、データがどこに行ったかわからなくなります。
容量の大きなBDにすれば、塞がっていた棚のスペースが改善されます。
それに最近は光学ドライブ非搭載のパソコンがとても増えてきています。特にゲーミングPCはその傾向が強いです。ドスパラはそんなことはありませんが、ゲーミングPC通というサイトを見るとG-Tuneのデスクトップとノートは半分以上はDVDドライブもブルーレイドライブも搭載されていません。カスタマイズで内蔵するのもいいですが、たまにしか使わないなら外付けで十分です。
今回ピックアップした、BDの外付けドライブは2つあります。

IOデータ BRD-UAT16X

まず、USBも2.0と3.0ともに対応しているので、安心して購入ができます。
USB3.0を搭載したPCであれば、書き込み速度も最大16倍速が得られるので快適なデータ通信が可能です。
DVDも高画質再生する機能があるので、PCで昔のDVD映画を見るのにも適しております。

バッファロー brxl-16u3

こちらもUSB3.0と2.0接続に対応しており最大16倍速も得られます。
また、レグザやnasneといったTV番組録画機器からPCを介してのBDへの録画保存もできるのでTV番組の録画のしすぎでHDDがいっぱいいっぱいという人に重宝いたします。
DVDドライブからBDドライブへ変更しますと、少しだけPC環境をアップさせると、生活に潤いが感じられます。
やはり身近な環境を改善すると、色々とモチベーションが上がると思います。